スタッフブログ・イベント情報 一覧

MASUDA WORKS#2018.09-地鎮祭・上棟式・竣工・イベント- 

2018年10月10日スタッフブログ地鎮祭/上棟式/お引渡し

9月は台風が度々来ましたが、
10月に入って少し落ち着きましたね…
 
さて9月もまた、たくさんのお客様が大切なイベントを迎えられました
 
 
 
地鎮祭からご紹介致します!
 

【阿倍野区 K様】
 

 
木造3階建
設計担当:井上 現場担当:高橋
 
 
 

【阿倍野区 M様】
 

 
木造3階建
設計担当:井上(女子) 現場担当:西村
 
 
 

【住吉区 N様】
 

 

木造2階建
設計担当:井上 現場担当:高橋
 
 
 

【東成区 O様】
 

 
木造3階建
設計担当:和田 現場担当:大谷
 
 
 
 
 

続きまして、上棟式
 
 

【東住吉区 M様】
 

 
木造3階建
設計担当:井上(女子) 現場担当:大谷
 
 
 
【住吉区 M様】
 

 
木造2階建
設計担当:林 現場担当:高橋
 
 
 
【東大阪市 F様】
 

 
木造2階建
設計担当:井上 現場担当:大谷
 
 
 

皆様、おめでとうございます
 
 

staff 一同

 

大阪 注文住宅 狭小住宅 耐震 新築・リフォーム

 

        

 
 

 

 
桝田佳正個人のホームページがOPENしております
http://www.y-masuda.jp/
 
 

間口3.6m×奥行17mの住まいをリクルートさんが取材

2018年10月09日スタッフブログshimaoka

こんにちは!
シマオカでございます
 
先日リクルートさんによるお住まいの取材が行われました。
 
 
お住まいは阿倍野区文の里の阪神高速の下にある、
間口が約4.3m、奥行23mの敷地。
 
かなり奥行が長いっと思われる方もいらっしゃると思いますが、

大阪市内はこういった形状の敷地は多いですね。
加えて住宅密集地。
 
そこに、間口3.6m(いわゆるニ間間口)×奥行17mのお住まいを
設計させて頂きました。
 
 
こちらのお住まいは予約制で見学会もさせて頂いたので
実際に見て頂いた方もいらっしゃると思います。
 
 
ご夫婦そろって建設会社にお勤めで
建築大好きのご夫婦と桝田工務店のコラボレーション!
 
ご主人様は現場の管理、奥様は設計のお仕事をされている建築のプロフェッショナルです。
 
ですが、普段、大規模な建築物に携わっておられますご夫婦にとっては、
木造のことは・・・
そこで、桝田工務店がお手伝いいたしました。
 
プランニングからデザイン、素材選びまで、
ご夫婦の想い、イメージを形にしていく過程を楽しくコラボ。
 
見どころは、ガルバリウムと塗り壁、そして光が透ける素材の
ポリカーボネートを組み合わせた、個性的な外観と
 

 

玄関ドアをあけた瞬間から始まる通り土間や
その土間空間を抜けた先にある坪庭(桝田 作)。
沢山の素材やストリップ階段も一役かっております。
 

 

 

 
圧巻は、間口2間とは思えない広がりのある、2階のリビングです。
明かりを充分に取り入れ、うなぎの寝床のようなお家にありがちな暗いイメージは、
全くありません。
 

 
デザインの重要なポイントとなる照明計画や、
機能性のあるキッチンとパントリーのつながりなどなど。
 
 
アイデイアいっぱいの”建築大好きご夫婦”のデザインハウスです。
 
取材時は、家づくりを始められた時のことからいろいろなお話を聞くことができました。
ハウスメーカーの展示場だと
自分たちがイメージしていた注文住宅ではない。
既製品の組み合わせ、プランも既存のものを少しアレンジする程度で
他を探そうとなり、リクルートさんのスーモカウンターに訪ねていかれたそう。

加えて桝田の土地探しセミナーにも参加していただき、
桝田の土地診断、この土地だとこう交渉しようとの
具体的なアドバイス通りに実践するとかなり安く買えたとおっしゃられてました。
 

決められた土地は間口がとても狭く、かなり奥行きのある形状。
 
「採光や風通しが心配だったが、設計担当の和田さんの
全く逆転の発想で、わたしたちの希望のプランが
実現できた!」とうれしいお声も頂きました。
 
撮影はとても和やかで楽しい時間でした。
 
A様、お忙しい中、本当にありがとうございました!
 

 

 
掲載ははコンビニや書店でよく見かけるリクルートさん発行の注文住宅の
11月号に掲載予定です。
お楽しみに
 
 
 

shimaoka

 

大阪 注文住宅 狭小住宅 耐震 新築・リフォーム

 

        

 
 

 

 
桝田佳正個人のホームページがOPENしております
http://www.y-masuda.jp/
 
 

健康診断

2018年10月06日スタッフブログhino

はじめまして。 
 
スタッフブログ金曜担当の 日野と申します。 
少し前に入社致しました。
スタッフ紹介はこちら
 
SNSは正直苦手でして、  
つたない文章ではありますが、最後まで読んでいただけると嬉しいです。 
今後ともよろしくお願いいたします 
 
 
さて、最近急に寒くなりましたが、皆様体調など崩されておりませんでしょうか? 
 
弊社では、ここ数日健康診断があり、スタッフが順番に受診しております。 
そして本日、私も受けてまいりました。 
 
今回の検査の内容は、ごく一般的な検査内容らしいのですが、
その中で初めて受ける検査がありました。 
 
胃部X線検査 
 
そう、白い液体を飲んでグルグル回る、あのバリウム検査です。 
 
私も、朝からグルグル回ってきました 
 
 
何をするにも「身体が資本」といいます。 
仕事も遊びもマッタリ~も、健康な身体があってのことですね! 
 
 
 
明日からの三連休は、台風の接近とともに、暑さも戻ってくるようです。 
暑くなったり、寒くなったりと落ち着きませんが、皆様、お体ご自愛下さいませ 
 
 
 
初めてのバリウム検査の 結果が待ち遠しい日野でした
 

大阪 注文住宅 狭小住宅 耐震 新築・リフォーム

 

 

        

 

設計スタッフが新たに加わりました!

2018年10月05日スタッフブログshimaoka

こんにちは
シマオカです
 
 
 
桝田工務店に、新しく2名の設計スタッフが加わりました!
 
 
男女1名ずつ、男性は超長身!皆さん一度見たら忘れないと思います
背は高いですが、腰は低い池田です(池田の紹介ページはこちら)
 
 
 
女性はなんと4児の母!4人の子育て…エライ
日野と申します。(日野の紹介ページはこちら)
 
 
 

更にパワーアップしてがんばります
 
現場で一番若手のタカハシに続き、早速こちらの二人もスタッフブログにアップしてますので
お時間あれば覗いてみてください
 
 
 
 
shimaoka
 
 

大阪 注文住宅 狭小住宅 耐震 新築・リフォーム

 

 

        

 

防災バックの工夫

2018年10月05日スタッフブログikeda

こんにちは
 
 
スタッフブログ初登場の 池田です。
 
【スタッフ紹介ページはこちら】
 
 
今日は防災について、私が実践している工夫を一つお伝えしていきたいと思います。
 
 
 
【防災バックについてのひと工夫】
 
ここ数年でだいぶん普及してきてる防災バック。
 
入れておく中身も大事ですが、防災バック自身についても工夫できる事があります。
 
その一つは保冷バックを防災バック代わりにする工夫です。
 
↓池田家ではこちらを活用してます。

 

↑アウトドアコーナーで販売されているナイロン製のショルダータイプを防災バックに利用してます。
 
 
●メリット
 
飲食の保温保冷が可能です。特に避難先での冬場夏場は必要。
 
普段使いも可能、保冷バックですので、アウトドアや買い物時の保冷にも使えます。
(一石二鳥です)
 
 
▲デメリット
 
若干かさばる。
 
 
 
日常の延長で利用できる事をしておくと最小限のストレスでおさまります。
 
視点を少し変えてみると、他にも利用できるものがあると思います。
 
既に実践されてる方もいらっしゃると思いますが、参考にして下さい。
 
 
以上、設計の池田でした。
 
 

大阪 注文住宅 狭小住宅 耐震 新築・リフォーム

 

 

        

 

今日は現場スタッフ高橋です!

2018年10月04日スタッフブログtakahashi

こんにちは!
 
今日は現場監督から、私タカハシがが書かせて頂きます!
 
【スタッフ紹介ページはこちら】
 
 
 
阿倍野区はS様邸
 

 
こちらはフルリフォームの現場ですが、
躯体はそのままに、内装を一新する想像以上に各部の納まりの難しい現場です
 
 

経験豊かな棟梁池田さん(かなりベテランです!!そしていつも優しい!)と
設計 林と監督 日置で、現場を進めていっております
 

 
今日は応援で棟梁の息子さんチームも加わり4人体制で各階を進めていってもらっているところです
 
今週末は天気がすぐれませんが、現場は進んでおります
台風の影響がないこと願います。
 
 

タカハシ
 
 

 

大阪 注文住宅 狭小住宅 耐震 新築・リフォーム