shimaoka 一覧

週明け1/21~は予約制見学会です!!

2020年01月18日スタッフブログshimaoka

先日からご案内してます、予約制見学会、
週明けから始まります!
 
題しまして
“ライフスタイルによってフレキシブルに変化することを楽しむ大空間の住まい”
 
詳細はイベントページ(→こちらをクリック)をご参照の上、
是非ご予約ください!
 
皆様のご来場、心よりお待ち申し上げます。
 
shimaoka
 
 

 

 
 
 

大阪 注文住宅 狭小住宅 耐震 新築・リフォーム

 
    
 

 
桝田佳正個人のホームページ
http://www.y-masuda.jp/

初詣と初山・初海

2020年01月09日スタッフブログshimaoka

年末年始のお休みはどう過ごされましたか?
 
私は年末は恒例のビルボードライブで
20年ほど聴き続けているシンガーの圧倒的な歌声に
酔いしれながら自分なりに1年を締めくくり、
年明けは特別どこもいかず、夫の実家に帰るだけで
東京から帰省していた旧友が家にきてくれて
家を見てもらいながら座ることも忘れて
しゃべり倒した日があったりと
基本、ゆっくりしたお休みでした。
 
 
初詣は地元の氏神様である、大和神社へ行き、
翌日は家のすぐ近くの竜王山へ。
 
途中まで車で行けるとのことで
親と出発しましたが、途中で道を間違えたようで
車が通れそうにない細い山道に…。
地元の人が親切に教えてくださり、
ようやく山頂付近へ。
 
少しあるいて到着した山頂からの景色は
奈良盆地が一望できてとってもきれいでした。
空気が澄んでいたら明石海峡も見えるとか。
次は麓から歩いて登りたいです。
 
それほど高くない山なので子供もいけるかな??
 
 
 
 
そしてその足で三輪明神 大神神社へ。
 
かなり混んでましたね
さすがみわさん!!
 
混みすぎて行きたいところ全部回れなかったので
近いうちに改めて行って
ご神体である三輪山へ登拝もしたいと思います。
 
お参りのあと、出店で満腹になり、
帰りに名物であるみむろの最中を買って家路につきました。
みむろ本店は趣きがあってかなりかっこいいお店です。
味も間違いので皆さん機会があれば是非!!
 

 
 
そして日改めて夫の実家、和歌山へ。
盆地の奈良と違って和歌山はすぐ近くに海があるので
いいですねー!
 

 
初山に初海と、新年から自然の美しさに癒され、
今年も健康で過ごせますようにと祈り、
また1年頑張ろうと誓った年明けでした。
 
shimaoka

 
 

 

 
 
 

大阪 注文住宅 狭小住宅 耐震 新築・リフォーム

 
    
 

 
桝田佳正個人のホームページ
http://www.y-masuda.jp/

キッチン紹介in島岡自邸

2019年12月21日スタッフブログshimaoka

前回のスタッフ自邸キッチン紹介in大谷・林自邸
引き続き、今回は島岡自邸です。
 
 
毎日使うキッチン。悩んでも納得いくまで考えて決めたいですよね!
 
私が迷ったのは3社でした。
 
これは絶対!というポイントがあったので
それに対応しているメーカーから選んでいきました。

 
それは
①天板は真っ黒!全体的に真っ黒!
 キラキラしているものは要らず、シンプルに真っ黒
 
②シンクは広く!
 鍋やフライパンをおいてもストレスなくお皿洗いができるように
 
③食洗機は大きく開く、フロントオープンタイプ!
 
こだわりはそれぞれだと思いますが、
私のこだわりはこれら3点で、
メーカーとしての候補は
TOTO、リクシル、ハンセムでした。
TOTO、リクシルは国内メーカーなので皆さん耳馴染みもあると思いますが、
ハンセムは韓国メーカーで、マンションにも多く入れられてるようです。
このメーカーはサイズオーダーの範囲が広く、
レイアウトにも柔軟に対応してくれるので、細かくこだわる方にはぴったりですね。
また、ハンセムは天板にもこだわっていて、
93%以上の水晶を主成分とする天然石を砕石し、色付けをした後、ポリマー樹脂で成形された
衝撃性と耐久性の高いクォーツストーンという天板がこちらのこだわりです。
扉面材と合わせて洗面や靴収納等が製作できるので、
家全体に統一感が出せます。

 
私は全体的な色のイメージが黒でした。
天板も扉も真っ黒がいいと思ってました。
それでリクシルのリシェル
カタログで、セラミックトップのシンプルな天板を見ては悩んでましたが、
リシェルをあきらめざるを得なかったのは価格でした。
リシェル、人気度も高いですがお値段も高い。。
でも収納部の充実さはさすが元サンェーブのリクシル、かなりいいですね。

他社で決めたすぐ後くらいに
リシェルでシンクも黒というか濃いグレーが出たので
余計に非常ぉぉぉぉに惜しかったですが・・・。
 
残る2社で、最終決めたのはTOTOのザクラッソです。
 

 
天板だけでいうと、シンプルなハンセムでしたが、
決め手になったのは
まず食洗機。
食洗機であるタイプは以下があります。
開き方の違いで、標準的なスライドオープンと、
大きく開くフロントオープン。
 

 
私個人的には、冒頭にもお伝えしましたが、
ガバッと開くフロントオープンタイプが希望でした。
海外製では先日、林のブログでもあったように
ミーレなどがあって、国内製では今はリンナイがあります。
以前はハーマンもあったのですが、今は販売終了されてますね。
フロントオープンを希望されている方で多く言われるのは
やはり、ミーレです。海外製と国内製で何が違うかというと、
乾燥機能があるかどうかです。
海外製は乾燥のみの機能はありません。
食洗器の中の湯の温度が日本製より高く、洗浄終了して少し扉を開けて蒸気を飛ばして乾燥させる、というのが
海外製で、海外の方は「乾燥のみ行う」という習慣がないようですね。
日本製では乾燥機能は付いてます。
 
私は洗う量が少量ならば自分の手で洗うくせがついてしまっていて、
乾燥のみの機能は必須でした。
 
なので、このリンナイを入れたい!という思いが強く。
各メーカー、カタログ以外のものを入れたいならそのスペースを空けてもらって
取り寄せて取り付けは可能なことが多いです。
 
なのになぜTOTOにしたかというと、
TOTO独自の機能・デザインでシンク内の水切かごがそのままぴったり食洗器の上段に入るんです!
なのでひとつひとつ食洗器に入れるのではなく、
予洗いして水切りカゴにいれて、ガサっとそのまま食洗器へGO!
ということと、シンクを広く使いたいときは
水切りかごが食洗器にぴったり収納できるので、ストレスフリー!!
 

 
このカゴが、
 

 
このようにぴったり収まり、
 

 

そして庫内は大容量!ホットプレートのプレートもはいります!!
 
 
この流れでシンクのこともお伝えすると、
最近どこのメーカーも大きなシンクが多いですよね。
標準的にはシンクの中央が排水口ですが、
TOTOのシンクはすべり台シンクという名前で、
排水口が隅にあり、水を右から左からといろいろ流す必要がなく、
一方向で済みます。水栓もほうきではくように水を流すことができるので
大きいシンクの場合はとても使いやすいです。
 

 
TOTOに決めた一番の理由はこれらです。
 
 
同じTOTOの中でも弊社標準にしているミッテではなく、ザクラッソにした理由は
天板の黒がシンプルなものがあったから。それだけです。
希望はもっとシンプルがよかったんですが。
 
 

そして、レンジフード。
これは大谷・林ハウスと同じメーカーのアリアフィーナというメーカーの商品で、
私はこれまた黒がよかったので、お手入れプラス見た目重視で選びました。
家族内でリビングからめっちゃ見えるのに黒は重たい!!という意見がありましたが、
レンジフード黒は私のたっての希望でしたので、
押し通しました(笑)
 

 
家の仕様決めで夫婦間の空気が悪くなったことは正直多々ありました(笑)
でも最終的には悩んで悩んで、考えて話し合って決めていったので
後悔してることはありません。
 
あとは調理機器。
こちらも同じでしたね、日立。
我が家もIHですが、これはオール電化だからです。
この近辺は田舎すぎて都市ガスがぎりぎり来てません。。
大阪ガスさんに確認しましたが、もうちょっと!のとこまでは来てるようですが、、ないんです。
で、プロパンはランニングコストがかなり高いので
オール電化にしました。
 
調理機器ひとつにしてもメーカー・タイプがいろいろあるので
ほんと悩みましたーーー(*_*)
ここでのポイントはやはり、お手入れ楽!
グリルは大きめ、網タイプではなく、波型プレートで!
グリルがオーブンのようにいろいろ使えるタイプがよかったので、
最終日立にしました。
林が申していたように、日立はとろ火がボタンひとつ。
楽です。
できればしつこいですが、これも黒がよかったのですが、
暗めのシルバーしかなく。
でも今見ると、ブラック出てる!!
 
日立IH https://kadenfan.hitachi.co.jp/ih/
 
しかもスマホアプリと対応?!
どんどんすごいの出てます。
 
あーー。こんなこと言っていったらキリがないですね。。
決められません。
またなんらかの理由で交換せざるを得なくなったときは希望の色になるんでしょう!!(笑)
 

 
キッチン本体の収納部に関しては、特にこだわりはなく、
シンク下の収納にスライド棚がほしい。それくらいでした。
TOTOで実際生活してストレスなく快適に使ってます。
 
最後に扉柄。
これは実はまだ未完成というか、手を付けてないところで、
キッチンの価格は扉柄のランクで変わってくるので、
一番安価なランクを選んで、扉は後々付け替える予定です。
いつになることやら??
ぼちぼちいきます。
 
あと最後の最後にキッチンの立ち上がり!
これは以前のブログでも少し紹介しましたが、
これもたっての希望で、
シンプルなモールテックスという仕上げにしました。
普通のモルタル仕上げなら10ミリほどの仕上げ厚が必要で、
かつモルタルは割れてくるのでそれは使わず
浴槽などにも使われるほど耐水性があり、
かつ、ひび割れのいきにくい素材のモールテックスを採用。
なんと仕上げ厚2~3ミリ!!
これを使って、ここでも軽く食事もできるように、バーカウンター式に
しました。
 

 
私も長くなりましたが、
また違うスポットで家づくりの経緯などお伝えできるようにします!
では。また。。
 
shimaoka
 
 
 
 

 

 
 
 

大阪 注文住宅 狭小住宅 耐震 新築・リフォーム

 
    
 

 
桝田佳正個人のホームページ
http://www.y-masuda.jp/

360°カメラで撮影!

2019年12月14日スタッフブログshimaoka

先日、スタッフ大谷・林自邸と、島岡自邸に撮影が入りました!
 
カメラは1回のシャッターで360°ぐるっと撮影できるもので、
見たいところを自由に見れる、すごく面白いカメラです。
その空間を歩いてるように
web上でバーチャル見学会ができるので、
仕上がりがとても楽しみです!
これが、阿倍野キューズモールで、
そして弊社ホームページでも公開予定でございます。

 
大谷邸も島岡邸も包み隠さず撮影してもらったので
マルッと見れます!
 
その時の撮影風景はこちら⬇︎

大谷邸
 

島岡邸
 
 
 
見ていただけるようになりましたら当ホームページでご案内します!
 
 
shimaoka
 
 
 

 

 
 
 

大阪 注文住宅 狭小住宅 耐震 新築・リフォーム

 
    
 

 
桝田佳正個人のホームページ
http://www.y-masuda.jp/

くつろぎスポット?

2019年12月12日スタッフブログshimaoka

先日の「小春日和」に続き、
また、玄関前でくつろぎ中のお客さん。
 
 

 
 
写真では伝わりませんが、
体がゆっくり動いて…
 
 
寝てます。熟睡。
 
 

ん?この前の猫ちゃんと違う。
 
なんでここなんやろう^^と不思議に思いながら
しばらく観察してると
 
 

 
あ、起きた。
 


 
ほんと、なんでここなんでしょう。
猫ちゃんの定位置??
 
ほのぼのできる
 
 
shimaoka
 
 
 

 

 
 
 

大阪 注文住宅 狭小住宅 耐震 新築・リフォーム

 
    
 

 
桝田佳正個人のホームページ
http://www.y-masuda.jp/

完成感謝パーティ

2019年12月08日スタッフブログshimaoka

こんにちは!シマオカです。
朝晩の寒さも厳しくなってきました。
さすが師走。
 
さてさて、少し前のことになりますが、
遅ればせながら我が家の完成感謝パーティをさせて頂きました!
 
忙しいなか来て下さった棟梁や職人さんにも、
日々の業務もあるのに来てくれたスタッフにも
本当に感謝です。
 
桝田は地鎮祭以来、現場には来てませんので
その頃からの激変に驚いていました。
 
 
 

 
スタッフつじとカウンター越しに。
くつろいでもらえてうれしいです。
 
 

 
かわいい小さなお客さん♡
 
 
 

 

自由に設計させてくださった社長・マスダに、
細かいわがままを聞いてくださり、形にしてくださった職人の皆様に、
忙しいのにこうして集まってくれたスタッフに、
奈良の田舎に住んでくれてる家族に、
こうして日々健康に暮らせていることに感謝です。
 
shimaoka
 
 

 

 
 
 

大阪 注文住宅 狭小住宅 耐震 新築・リフォーム

 
    
 

 
桝田佳正個人のホームページ
http://www.y-masuda.jp/