節分

2020年02月05日 スタッフブログshimaoka

先日、節分の日の夜、氏神様である大和神社で鬼やらい式という節分行事があり、
子供が行きたい!行きたい!と強く言うので行ってみました。
 
まず、拝殿に赤鬼、青鬼が登場。
大暴れしている鬼を矛を持った天狗が追い払う。 
邪鬼を払い、身のケガレを清め、人々の幸福と平和な生活を願います。
 
これを立春の前日に行う。
新たな春の訪れを待ちのぞんだ人々の願いが込められているそうです。
 

 

 
近づく鬼にのけ反るほど異常に怖がる娘。
 
あんなに鬼見に行く!と張り切ってたのに…笑。
でも私も小さいころは獅子舞とか天狗とかも怖かったですね。
 
 
後半は天狗も鬼も一緒に豆をまきます。
 

 

 
大豆をまく由来として、豆を“魔目(まめ)”もしくは“魔滅(まめつ)”にかけて鬼の目を意味し、
力強く打ちつけることによって邪鬼を追い払おうとしたと言われているようです。
 
ただこの豆まきは参拝者に向かってまかれるので、
豆をゲットできたら福が来るのか、かなりの盛り上がりで
怖がってた娘も「ちょーだいちょーだーい!」と一生懸命でした。
前に行き過ぎたからか、鬼からの豆が何度も私の顔や頭に命中(*_*)
い、いたい…と思いながらもこれも福や!と思い直して私も
娘と一緒に汗かきながら豆ゲット!
 
思ってた以上に人も集まっていて、結構盛況でした。
地元のこういう季節にちなんだイベントもいいですね。
 
 
マスダも立春は大切な日、とブログにも書いてます(ブログはこちら)が、
2/4は節目の日。
これからも健康に安全に暮らせますように…。
 
 
shimaoka
 
 
 
 

 

 
 
 

大阪 注文住宅 狭小住宅 耐震 新築・リフォーム

 
    
 

 
桝田佳正個人のホームページ
http://www.y-masuda.jp/