桝田工務店を知る桝田工務店の家づくり

ZEHへの取り組み

ZEHへの取り組み

桝田工務店は、2020年にはZEHの家引渡し50%を目標にしています。

2020年までのZEHの普及目標を下記の通りに定め、ゼロエネルギー住宅の普及に積極的に取り組んでおります。

ZEH(ゼッチ)って何?

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、高い「断熱」性能をベースに、高効率機器による「省エネ」、太陽光発電などによる「創エネ」を組み合わせることで、住まいの年間のエネルギー消費量をゼロ以下にする住まいです。
ZEHによるエネルギーの自給自足が、これからの快適な住まい環境づくりのスタンダードになりつつあります。

ZEH(Nearly ZEHを含む)住宅の普及目標と実績
年度 2016 2017 2018 2019 2020
実績
(年間建築総数)
50件 50件 50件 50件
ZEH 普及目標 20% 30% 50%

ZEHの環境にやさしくお得な理由

「住まいの高気密高断熱を図ること」をベースに、「HEMS(節電を見える化)などにより、省エネ性能を上げること」と、「太陽光発電などで自宅で消費するエネルギーを創ること」を組み合わせることで年間の一次エネルギー消費量の収支をゼロ以下にし、快適な暮らしを実現します。

POINT1

POINT1

高断熱

住まいそのものの断熱性を高めることで、エネルギーの節約効率を高めます。
夏は涼しく、冬は暖かく、1年中快適に暮らすことができます。

POINT2

POINT3

省エネ

省エネ性の高い設備やHEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)を導入することで、使用電力量を減らします。

POINT3

POINT3

創エネ

太陽光発電を利用して自家発電を行います。
「蓄電池」を設置すれば、発電した電力を蓄えることができ、停電時の電力の使用や電力の売却もできます。

ZEHの環境にやさしくお得な理由

メリット

  • 住宅内部の温度差が少なく快適 高断熱・高気密のZEHは、外気の影響を受けにくいため、家の中の温度を一定に保つことができます。
  • 光熱費を抑えることができる ZEHは、省エネ効果の高い設備に加え、太陽光発電で自家発電を行うことで、光熱費を抑えることができます。蓄電池を設置すれば、停電時にも対処できます。
  • 補助金がもらえる 国の定めたZEHの基準をクリアした住宅に70万円、さらに蓄電池を設置した場合は上限30万円の補助を受けることができます。(募集の時期により、補助金額がない場合や補助金額が異なる場合がございます。一度お問い合わせ下さい。)

デメリット

  • コストがかかる 初期費用として、省エネ設備や太陽光発電システムの導入コストがかかります。
  • 太陽光発電が安定しない 太陽光発電は、太陽光を使った発電のため、発電量が天候に左右されます。

建て得について

建て得の利用で、太陽光発電システムの設置が実質0円!!

「建て得」をご利用頂くと、お客様のご自宅の余剰電力売電収入を譲渡いただく代わりに、お客様にご購入いただく太陽光発電システムのローン支払負担が「実質0円」になります。
桝田工務店では、こういったZEH支援サービスを用いたプランニングが可能です。

毎月の電気代がググッとお安く。
建てるときも、住んでからもお得!