桝田工務店を知る桝田工務店の家づくり

桝田工務店の標準仕様
【選べる断熱材 /
グラスウールとウレタン】

選べる断熱材 /
グラスウールとウレタン

その他の断熱材をご希望の方は、ご相談ください。

アクリアウール(繊維系充填断熱材)

アクリアウールは、ポリエチレンフィルムに包まれていない高性能グラスウールです。
不燃材NM-3469認定品です。

一般的に施工が楽なため、関西地方では袋入りのグラスウールを使用されてることがほとんどですが、寒冷地などでは寒さに対する意識が高いため、より気密性などを高める為に、袋入りのグラスウールではなく、袋無しのグラスウールを使用し、袋入りの断熱材の気密フィルムに比べ、2倍の厚みの防湿気密シートを後張り施工しております。

桝田工務店のグラスウールの標準仕様

桝田工務店の標準仕様

発砲断熱材の厚み
105㎜
天井 210㎜

アクリアの快適性能

最新の細繊維化技術によってすぐれた断熱性能を実現

グラスウールは、細かいガラス繊維が絡みあってつくられる空間(動かない空気の部屋)によって、熱を伝えにくくしている断熱材です。
アクリアはこの繊維をさらに細かく、たくさんの繊維を組み合わせることで、
より高い断熱性能を実現した高性能グラスウールです。

一般的な
グラスウール

アクリアの
グラスウール

20年経っても快適。断熱性能が変わりません。

アクリアは、長い年月を経てもきわめて性能が劣化しにくい、耐久性の高いグラスウール断熱材です。
建築後約18年~22年経った木造住宅の壁の中のグラスウールを調べたところ、寸法、断熱性能とも変化なく、新築時と変わらない性能を保っています。

騒音に強い静かな住まいに

グラスウールは吸音性に優れており、劇場の音響調整や防音対策にも使われています。断熱材として施工することで、室外からの騒音をやわらげます。また、1階の天井に施工すると、上下階の音をやわらげる効果もあります。

アクリアの健康性能

シックハウスの原因となるホルムアルデビドを使用していません。

ノンホルムアルデヒド

アクリアはノン・ホルムアルデビド。
ご家族の健康と安心に配慮して、ホルムアルデビドを一切含まない材料を使用して製造しています。
ホルムアルデビドはシックハウス症候群との関連だけでなく、発がん性も指摘されている有害物質のひとつです。

発がん性に対しても安心です。

アクリアは安全なグラスウールです。(アスベストとは全く別の素材)
その安全性は国際的にも高く評価されています。

一般的な
グラスウール

アクリアの
グラスウール

ガラス繊維はアスベストとは異なり、結晶ではないので、体内には残りません。万一、施工中に吸い込んだとしても、肺に入り込みにくく、入り込んでも体液に溶けて排出されます。

アクリアの安全性

ガラスが主原料なので、火に強く、燃えにくい素材です。

ガラスを原料としたアクリアは、燃えにくく高温に強いので、万一の火災時にも延焼や類焼の被害を最小限に抑えることができます。万一燃えても、煙や有毒ガスは発生しません。

アクリア

発泡プラスチック系の
断熱材

【比較方法】150㎜角材の試料をセットし、下から炎を当てた後の状態を撮影

シロアリにも強い

シロアリの食害を受けると断熱性能だけでなく、住宅自体の耐久性も損なわれてしまいます。
アクリアはガラスが原料なのでシロアリの食害に強い断熱材です。

種類 実験前 実験後 結果
グラスウール グラスウール実験前 グラスウール実験後 蟻道はあるが
食害はなし
硬化ウレタン
フォーム
ウレタンフォーム実験前 ウレタンフォーム実験後 大きく
食害発生
種類 グラスウール 硬化ウレタン
実験前 グラスウール実験前 ウレタンフォーム実験前
実験後
フォーム
グラスウール実験後 ウレタンフォーム実験後
結果 蟻道はあるが
食害はなし
大きく
食害発生

※イエシロアリの職蟻500頭と兵蟻50頭を30℃の恒温槽に40日間飼育し、断熱材の食害状況を比較(ガラス繊維協会実験より)


ダルトフォーム(発砲ウレタン断熱材)

現場発泡ウレタン断熱材は石油から生成された断熱材です。
イソシアネートと水を含むポリオールを、混合・反応させることによって断熱材が形成されます。

発砲断熱材の3つの特長

高い断熱性と気密性

現場発泡で隙間なく施工できるため高い断熱性と気密性を確保できます。

静かな住環境

外部の騒音をシャットアウトし、静かな住環境を生み出します。

安心の施工品質

「IBECの現場施工型優良断熱施工システム認定」による施工品質。

発砲断熱材の施工イメージ

気密性

気密性

ダクトや配管などの、隙間が出やすい部分にも充填することで気密性を確保。

吹き付け施工

吹き付け施工

屋根面に吹き付け施工をすることで、小屋裏スペースの有効活用ができます。

結露防止

結露防止

構造金物などの熱橋部分にも、施工することで結露を防止します。

遮音性

遮音性

壁断熱で、外からの騒音対策が可能になります。

基礎断熱にもオプションで対応しております。

桝田工務店の発砲断熱材の標準仕様

桝田工務店の標準仕様

発砲断熱材の厚み
90㎜
天井 180㎜